MENU

おまとめローンが必要なケース

 

おまとめローンは、かなり微妙な判断を迫られるケースが多いと思います。借金が少なすぎるとおまとめする意味はないでしょうし、借金が逆に多くなっているともはや返済よりも任意整理などした方がいいのでは?という感じでありますから、どこでおまとめローンを利用すればいいのだろうか?と考えるのも無理はないと思います。

 

ではどんなタイミングがいいのか?今回はそこを紹介します。

 

1 借りている会社が3社くらいの時

 

ちょうどおまとめローンを利用するタイミングとしては、借入している会社が3社くらいの時がちょうどいいと言われています。おまとめローンを利用する人の多くは大体このくらいの借入件数があり、このくらいだとお最もおまとめローンの審査が通りやすい件数でもありますからこのあたりになったら利用することを検討するといいかと思われます。5件以上の借り入れがあるとなれば、おまとめローンよりも任意整理などを検討し始めたほうがいい段階になります。

 

2 すぐには返せないけど、適用金利が高めのものが複数ある時

 

また、おまとめローンでお金を借り換える際には、金利の適用が高くて、しかもすぐには全額返済できないものが多いときに利用することが肝心であります。おまとめローンは借金をまとめることで金利負担を減らすことが目的になります。この効果を最大限利用するためには、金利が高いものをより低くする必要があるのです。そうするためには、適用金利が高くかつ偏差がすぐには容易でない金額のものをまとめると、おまとめローンを効率よく利用しやすいものといえるのです。

 

3 おおよその借金額が100〜〜200万くらいで、年収の3分の1以下が理想

 

後は、借金の総額がおおよそ100万円から200万円くらいの間で、年収の3分の1以下に借金総額が抑えられているのが理想です。おおよその平均額がそれくらいの範囲で収まっているという理由と、総量規制の適用はないものの、やはり年収の3分の1という基準は目安になる数字ではありますので、それを超えると審査が通りにくくなるのは事実です。そういった面を考えると、借金の総額は大体この範囲に来たなという感じで、金利負担が減るというなら、おまとめローンを利用した王が大きな得なるでしょう。

 

おまとめローンの利用を考えるタイミングは大体このような感じです。早めの対策が借金の負担や返済方法を考えるうえで大いに役に立つものであると思います。